公衆衛生の医師の仕事内容は?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生の医師の仕事内容は?

公衆衛生の医師の仕事内容は?

近年では公衆衛生医師へのキャリアチェンジ転職がドクターの中では流行している傾向が見られています。公衆衛生医師は、一般病院勤務のドクターとは違い、時間的に拘束されることが少なく、プライベートなどを充実させやすい上に、ある程度の年収を確保することが出来るということで、現代では一般病院から公衆衛生医師へとキャリアチェンジされているドクターが多くなっているのです。しかしながら転職する上で大事なのは、勤務時間や年収ばかりではなく、やはり仕事内容ではないでしょうか。ここでは公衆衛生医師の仕事について紹介をしていきましょう。

基本的に公衆衛生医師の仕事は、一人一人の患者さんを相手にするといったことではなく、保健所などが立地している広いエリアの住民の健康や安全な生活をするために働くことになります。自分が担当しているエリア全体の健康レベルをアップさせるために、様々な仕事をこなしていくことになるのです。

一般的に公衆衛生医師の有名な仕事といえば、毎年同じ時期に流行するインフルエンザへの対策や、特定の動物などから感染してしまう感染症といったものへの対策。更に近年、ニュースを賑わしている自然災害による各種健康被害などなど。こういったものに対処をしていくことも、公衆衛生医師の大切な仕事になります。実際に被害が起こった場合の対処などは、一般的な病院へと搬送されるためそこまで多くはありませんが、地域住民の健康危機管理を行なっていくのが公衆衛生医師の仕事内容になります。

公衆衛生医師が相手をするのは、何も病気に困っている方達ばかりではありません。例えば保健所が行なっている乳幼児健康診査なども公衆衛生医師の大事な仕事になります。その対象というものを挙げていくとキリがなく、たった一人の医師では対応をしていくことが出来ないのです。ですから公衆衛生に関わる様々な方達の協力が何よりも必要になり、高いコミュニケーション能力や、人間力というものが重要視されるのです。

つまり公衆衛生医師の大事な仕事の1つには、様々な職種の人間達と積極的に関わり合い、良質な人間関係とネットワークを築くこともあげられるのです。こういった築き上げたネットワークを使い、広いエリアに居住している住民の健康管理を行なっていくのです。一般のドクターはプライドが高いものですが、公衆衛生医師は、協同作業を行なっていくための人間関係の形成を何よりも大事にしなければならないため、余計なプライドは捨てる必要があるでしょう。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.