公衆衛生の医師に多い悩みは?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生の医師に多い悩みは?

公衆衛生の医師に多い悩みは?

公衆衛生医師は県や市の地方公務員という身分になります。そのため、医師としての倫理観とともに公務員として常に正しい倫理観を持って行動しなければいけません。公衆衛生医師は行政医という分類になり、行政の職員として仕事をします。そのため、病院勤務と比べて自由に行動できないと感じることもあるでしょう。地域の人たちの健康を守るため、様々な政策を立案して周知し、実行して結果を集計します。この流れの中で、行政医という立場で身動きが取れないと感じることもあるようですが、多くの公衆衛生医師がそれ以上のやりがいを見出しています。

勤務時間に関しては、病院勤務に比べて残業もほとんど発生しないため、余暇に使う時間が増えますので、メリットが大きいといえます。土日や祝日がお休みですので、家族と過ごす時間をしっかりと取れるというメリットもあります。ただし、感染症が流行したり、災害が発生したりするときには対応初動機関として率先して指揮をとる立場になりますので、自宅に帰れない日が続くこともあります。

臨床医のように、目の前に病気で苦しんでいる人がいても治療することができないという医師としての悩みに直面する人もいるようです。健康相談を行って医師を紹介することもありますが、治療に関してはあくまでも「指導や助言」にとどめなければいけないので、もどかしさを感じる場面もあるでしょう。

また、健康維持や感染症予防に関する政策を立案し、実行する過程では多くの人との連携が必要になります。公衆衛生に関わる職業の人たちだけでなく、地域の人たちとの連携も大切なものになります。良い人間関係を作ることが、政策を最後まで実行できるポイントにもなりますので、良好な人間関係の構築に心を使う必要があるのです。時にはコミュニケーションを取るのが難しい相手もいるので、人間関係に頭を悩ます公衆衛生医師もいます。公衆衛生という場面において、医師はトップの立場になりますが、時には周囲の人に相談して協力を求めることも大切です。多くの人の命を守るためには、足元を固めて人間関係の構築を優先させなければいけないこともあります。臨床医では一人で患者さんを診察していて、たくさんの人と仕事をするということに慣れていない人は、公衆衛生医師の仕事に就いた時には戸惑うことも多いようですが、たくさんの人と関わることによってコミュニケーション力が磨かれていく人がほとんどです。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.