公衆衛生医師が抱える悩みは?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生医師が抱える悩みは?

公衆衛生医師が抱える悩みは?

公衆衛生医師への転職を考えた場合、土日が完全に休みで家庭との両立ができやすい珍しい医師の仕事として、メリットばかりを注目する方が多いものですが、抱えている悩みといったものも把握しておかないと、こんなつもりではなかったと、転職後の後悔につながってしまうことにもなりかねません。実際に一般的な医療機関の医師から公衆衛生医師へと転職を実現した医師が抱えている悩みなどをここでは紹介していきましょう。

公衆衛生医師が抱える悩みとしては、やはり一般的な医療機関のドクターのような臨床行為を行う機会がほとんどないということでしょう。予防接種などを行うくらいであり、問診や聴打診といったものがほとんどになります。他にも予防医学を専門にするため、患者さんと向かい合い、治療をして感謝をされるといったようなシーンにはほぼ巡り合うことはないということが悩みとしてあげられる所でしょう。一般的な医療機関の医師の仕事に魅力を感じている方には、ミスマッチ感を高く感じることでしょう。

他にも待遇面は良いということが言われていますが、勤務時間や休日の消化率、福利厚生に関しては確かに高い待遇を受けることが可能です。しかしながら、こと年収に関しては、やはり一般的な医療機関の医師や開業医などと比較すると、同じ年代のドクターの中でも低いと言わざるを得ません。仕事と家庭の両立が近年では男性のドクターでも重要視されていますが、やはり仕事をメインとして沢山稼ぎたいという思いのドクターには大きな悩みの種になっているといえるでしょう。

更にプラスして、その求人数の少なさも大きな悩みの種となっていることが挙げられます。現職の公衆衛生医師の方の中でも、転職をしたいといった方が多く見られますが、同じ公衆衛生医としての転職実現はなかなかに踏み出せないというのが現状のようです。一般的な医療機関であれば、条件面にこだわらなければいとも簡単に求人を見つけることが出来ますが、そういったことがないという所が悩みの種になっています。

転職を利用して条件面などの待遇アップやキャリアアップを実現させることが一般的な医療機関では実現可能なのですが、公衆衛生医師の場合には、技師から始まり、主査、課長補佐、課長など条件をクリアすることはもちろん、勤続年数などによってキャリアアップをしていくことになるため、飛び級のキャリアアップを行なっていくことが出来ないことも悩みの1つと言っていいでしょう。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.