公衆衛生医師のスキルは?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生医師のスキルは?

公衆衛生医師のスキルは?

公衆衛生医師として転職を実現させ、後に後悔をしないためには、基本的には求められるものをしっかりと把握しておき、転職以前に身に着けておいたり、覚悟をしておくことをしっかりと覚えておくことが大事といえるでしょう。公衆衛生医師として転職に成功することが出来ても、やはりそれなりの資質を持っていなければ、続けていくことは難しいでしょう。ですから、事前に公衆衛生医師にはどういったものを求められるのかをリサーチし、把握しておきながら仕事に取り組む必要があるのです。

公衆衛生医師に求められるものとして、まずは技術的なことをいえば、一般的な診療科の医師よりもどちらかといえば、疫学的な知識やスキルを求められることになります。担当している地域における健康問題をしっかりとした形にする必要があり、それを関係各所に明確に理解をしてもらうことが大前提になります。また治療というものよりも予防医学に関しての明るい知識が求められることになります。

健康管理に関しての知識やスキル、そして何よりも、関係各所に存在する多くの人間と関わっていくことになるため、高いコミュニケーションスキルを求められることになります。公衆衛生医師の場合には、約23パーセント前後が女性職員であることが多いとされています。コミュニケーションスキルは、本来女性の方が高く、苦にならないということからも、何気に女性のドクターにはマッチした転職先といえるのではないでしょうか。

他にも勤務先といえば、保健所がほとんどになります。保健所の位置付けは、基本的には行政機関に位置付けられますから、ある一定程度の行政職員としてのスキルを求められることになります。今までの医師の立場とはまったく違った位置付けになりますから、これまでまったく行政機関での職務経験がない場合、あまりの立場の違いに戸惑ってしまうことも多いことでしょう。基本的には個人の健康を管理するのではなく、その地域全体の健康のレベルアップを図ることが保健所の役割になっているからなのです。

公衆衛生医師は、一般的な民間病院のように、来院される患者さんのみを相手にするというスタイルではありません。1つの自治体が担当している広いエリアを対象にしているわけですから、たった一人の力ではどうにもならないことが沢山あるのです。ですから、自身の職務を遂行するために、多くの人間の協力が必要であり、それを獲得するためには、人間関係を形成する力が必要になるのです。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.