公衆衛生の医師の給与相場は?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生の医師の給与相場は?

公衆衛生の医師の給与相場は?

公衆衛生医師へとキャリアチェンジ転職を考えている方の中には、やはり給与はどのくらいなのかを気になさっている方は多いと思います。結論から言ってしまうと、一般の病院勤務のドクターと比較して、公衆衛生医師の給与は劣っているというのが通常です。年収アップを目指し、転職をしたいと思っているのであれば、公衆衛生医師になるのは辞めた方が賢明といえるでしょう。しかしながら転職というのは、年収面の向上を目指して行うばかりではありません。

公衆衛生医師の給与相場は、それぞれの自治体によって金額に変化があり、医師としてのキャリアや知識、スキルといったものでも給与に差が出てきますから一概にコレとは言い切れません。しかしながら、様々な求人を加味した場合、60万円から65万円の月給というのが相場のようですね。60万円で計算すると年収で720万円。それにボーナスがプラスされれば、大体1000万円前後の年収を獲得出来るといえるでしょう。

民間の病院機関での4年目以上の医師の平均年収が1100万円。公務員医師の平均年収が1400万円といった所が相場ですから、どちらと比較しても年収は低めと言わざるを得ない状況です。確かに年収面で比較をすると一般的なドクターよりも劣ってしまう公衆衛生医師という職種ですが、年収面では判断出来ない沢山のメリットがあるということも忘れてはいけません。公衆衛生医師への転職希望は、近年では非常に高まっている状況なのです。

まず一般的な病院勤務のドクターのようにプライベートな時間を犠牲にすることを義務付けられる拘束時間というものは、公衆衛生医師の場合には存在しません。給与の差は夜勤や残業の差ということになるわけです。つまりは、時間をお金で買っていると考えれば、非常にお得といえるのではないでしょうか。そして給与に関しては、公務員になりますから、基本的には他の公務員同様に安定をしているという特徴があるのです。

平均給与を比較すると、デメリットも感じるものでしょうが、その他の点を考えた場合、十分すぎるほどの給与を獲得出来るドクターの勤務先といえるでしょう。給与ばかりでキャリアチェンジを考える場合には、オススメは出来ませんが、プライベートの充実や、仕事と家庭の両立をしながらも、十分すぎるほどの収入を獲得したいといったようなドクターには、非常にオススメ出来るドクターの転職求人なのです。年収面と勤務時間の自由度を比較してみるとこれほどに良質な案件も早々ないといえるでしょう。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.