公衆衛生の医師の履歴書の書き方は?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生の医師の履歴書の書き方は?

公衆衛生の医師の履歴書の書き方は?

まず、履歴書の書き方は一般の職業と基本的な約束事は同じです。履歴書は市販の履歴書を使い、必ず写真を添付します。各自治体によって多少の違いはありますが、履歴書に医師免許状と職務履歴書を添付することを求めている自治体が多くなっています。採用試験は、履歴書等の書類審査と面接だけの自治体と、小論文や一般常識の筆記試験も行われる自治体がありますので、募集要項にはしっかりと目を通して対策を取ることが大切です。

履歴書の書き方についてですが、まず、全体的なポイントは、「字の大きさと文字間隔、文字の始まりを揃える」ということが大切になります。字が下手で自信がないという人は、パソコンでの作成でも構いませんが、その時はテンプレートをダウンロードして使います。この場合でも市販の履歴書を手元に置き、項目がほぼ同じものを選びましょう。極端に項目が少ない履歴書では、不都合な項目を削除しているのではないかと思われることがあります。パソコンでもマナー違反ではありませんが、公衆衛生医師に向いている人柄かどうかをチェックされる第一関門と考えれば、手書きの文字で人柄を伝えることもできますので、できるだけ手書きで書いて提出するようにしましょう。字が下手でも丁寧に書いた文字というのは気持ちが伝わります。

学歴については高等学校からの記入で構いません。職歴については、別途職務履歴書を提出する場合は簡単な記入で良いでしょう。職務履歴書の提出が義務付けられていない場合、臨床で何を経験したのかが分かるように簡潔にまとめるようにします。志望動機や自己PRについては、採用担当者に自分をアピールする記入欄です。なぜ公衆衛生医師を目指そうと考えたのか、という基本的な事だけでなく、今後どのような公衆衛生医師を目指していきたいと考えたのか、などを書いて将来性をアピールしましょう。自己PRについても、自分のやりたいことや長所をアピールするだけで完結してはいけません。公衆衛生医師として自分の能力をどう生かしていきたいのか、分からないなりにしっかり考えていることをアピールして、将来性をアピールすることが大切です。そのためには、公衆衛生医師の仕事をしっかりと理解している必要があります。仕事内容を把握すれば、どこをアピールしていけばよいかが見えてくるはずです。

履歴書にテンプルする写真ですが、できれば写真館でスーツを着て撮影してください。面接官の多くは最初に写真を見るといいます。少しでも好印象を与えられるように工夫することが、面接を突破する最初の条件ともいえます。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.