公衆衛生医師のメリットは?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生医師のメリットは?

公衆衛生医師のメリットは?

公衆衛生医師になった場合に得られるメリットというものを把握しておけば、公衆衛生医師として転職をきっかけを作り出すことが出来るでしょう。あらゆる職業にメリットというものは存在しているものです。一般的な病院機関の医師よりも、メリットと感じられる部分が大きければ、公衆衛生医師として転職をするのに、背中を押してくれる要素になるのは当然ですね。公衆衛生医師のメリットとしてあげられるのは、自身が新しい医療制度を作り出すことが出来るということです。

民間の医師であれば、研究を行なったり、臨床を行うといった所で自身の腕を磨いていきますが、最低でも定められている制度の中だけでの仕事になります。この制度そのものを公衆衛生という分野になりますが、作り出していくことが出来るというのは、非常にやりがいを感じることができ、本当に制度として形になり、施行された場合には、大きすぎるほどの達成感を感じることが出来るでしょう。これは一般の医師では味わうことが出来ないものになります。

更に保健所に勤務している医師は、地方公務員になりますから、土日祝日休みの完全週休2日制になるということも、メリットといえるのではないでしょうか。土日が休みというのは、家庭を持っているドクターにしてみると、非常にありがたい状況ではないでしょうか。医師の仕事といえば、土日はもちろん、昼も夜も関係なく、プライベートは犠牲にして当然といった暗黙の了解がまかり通っています。しかしながら、その実、こういった環境に不満を持っているドクターは少なくはないのです。

他にも公務員特有の出産や子育てに厚い制度といったものがしっかりと確立しているということも、公衆衛生医師のメリットといえるでしょう。産休や育児休暇といったものが、民間の医療機関などと比較して、非常に充実しているのが現状です。土日も相当に緊急性が無い限り、出勤になることはまずありませんから、お子さんのイベントやレジャーなどに出かけることが容易に出来るのです。

こういった環境が整っていることから、女性の医師の転職希望者が公衆衛生医師には多いとされています。結婚をしたり、妊娠や出産をした後でも、ドクターとしての資格もしっかりと世の中のために活かしていきたいというようなドクターには、公衆衛生医師の仕事は打ってつけといえるでしょう。前述にあるようなメリットが、公衆衛生医師には存在していることを覚えておきましょう。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.