公衆衛生の医師の面接対策は?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生の医師の面接対策は?

公衆衛生の医師の面接対策は?

公衆衛生医師の採用試験には面接は必須です。小論文や一般常識テストは実施している自治体としていない自治体とがありますが、面接はどの自治体でも採用試験として行われています。公衆衛生医師の採用面接で大切なことは、公衆衛生に対して自分がどのように考えているか、どのように自らの知識を活かして公衆衛生に尽力していきたいのかをしっかりとアピールすることが大切になります。

一般的な面接対策も有効です。面接では主に新しい仕事への意識や知識を問われます。公衆衛生について学んだことが無い人も、できるだけ情報を集めてしっかりと勉強しておくことが第一の対策となります。そして、何より面接官を引きつける人柄が伝わる話し方が大切です。何を話すのか、ということに重点を置いて対策を取る人が多いのですが、面接を受ける人の印象も採用にはとても影響してきます。いくら良い事を話しても、話し方が良くないと良い印象を与えられず、せっかくの回答がマイナスに評価されてしまうことも考えられます。

まず、明るい声で下を向かずに話をするというのは基本です。小さな声でぼそぼそと話す人は評価が下がります。公衆衛生について学んだことがあったり、実地経験があったりしても、自信がなさそうにぼそぼそと話していては魅力は半分も伝わりません。経験が無くても、これからどのような公衆衛生医師になっていきたいかという将来像をはきはきと話せる人の方が好印象です。そのためには、姿勢がとても大切です。背筋は常に伸ばすことを意識しましょう。糸で頭頂を引っ張られている感覚です。次に笑顔も大切ですが、作られた笑顔は面接官にマイナスに伝わりますから、日ごろから口角を上げた話し方を意識しておきましょう。そして、相手の目を見て話すことも大切です。公衆衛生医師は多くの人とのコミュニケーションが非常に重要な仕事です。相手の目を見られない人と思われてしまうと、コミュニケーションが難しいという印象を与えかねませんので気をつけてください。

色々と対策を取っても、当日は緊張してしまい本来の力を発揮できなかったという失敗談も多いのですが、緊張も練習を繰り返すことによってかなり緩和されることも分かっています。身近な人に面接官役をしてもらい、面接の練習をひたすら行うことで当日の緊張をかなりほぐすことができるのでぜひ試してみてください。そして、良いことを話そうと力まず、リラックスして練習の通りに行おうという意識でいれば成功する可能性がとても高くなります。緊張ですべてを台無しにしないために、応募を決めた時から面接の練習を繰り返すことをオススメします。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.