公衆衛生医師の一般医師の違いは?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生医師の一般医師の違いは?

公衆衛生医師の一般医師の違いは?

公衆衛生医師へと転職を考えている方の中には、一般的な医療機関の医師と公衆衛生医師とは何が違っているのかということを気になさっている方は多いものではないでしょうか。特に一般的な病院機関のドクターから、公衆衛生医師へとキャリアチェンジするといった転職を目指しているドクターの場合には、本当に自分がこの先公衆衛生医師としてやっていけるのかということも含め、非常に気になるポイントといえるのではないでしょうか。

まず公衆衛生医師として必要なものといえば、患者さんの痛みというものをしっかりと自分の身になって考えられるのかということです。これは一般的な医療機関でも同じことなのですが、公衆衛生医師の場合には、地域全体という広い範囲での健康問題に対しての関心を高く持つことが重要になってきます。一般的な医療機関の場合であれば、来院されるしかも自身が担当している診療科の治療のみを考えるだけでいいですが、公衆衛生医師の場合には、広い視野が必要になるのです。

実際に働くためのスキル的な話をすると、各診療科の専門知識といったものよりも、疫学的な知識とスキルが必要になります。目の前に病気で苦しんでいる方に対しての新しい治療方法を実戦するといった一般的な医療機関の医師の対処ではなく、これから流行するであろう感染症や流行病などをどうやって食い止めるのかといった予防医学的な要素が非常に強く求められることになるのです。

他にも保健所や本庁といったところが公衆衛生医師の勤務先になります。特に本庁勤務の場合には、現場の医師というものよりも、新しい地域医療の制度を立案していくといった仕事になることが多く、いわゆる自治体の公共機関の職員的な仕事の比重が重くなります。もちろん医師としての知識やスキルを活かした行政活動になるわけですが、医師というよりも行政の職員というニュアンスの仕事が多くなることが一般病院の医師との違いといえるでしょう。

他にも一般的な医療機関の医師も患者さんやその他の診療科のドクター、各製薬メーカーや医療機器メーカーなどの営業マンなどとの関わりがありますが、公衆衛生医師の場合、地域住民はもちろん、医師会や歯科医師会などの関係各所の人間などと非常に多く関わっていくことになりますから、コミュニケーション能力の高さは一般的な医療機関のドクターよりも求められる所であり、人間力なども併せて求められるところといえるでしょう。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.