公衆衛生の医師の海外求人は?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生の医師の海外求人は?

公衆衛生の医師の海外求人は?

公衆衛生医への転職希望をしているドクターは増加している傾向が見られていますが、海外転職といったものを考えた場合、公衆衛生医が置かれている立場はどのような状況なのでしょうか。保健所で勤務をするドクターというのが、一番簡単でわかりやすい公衆衛生医の立場ですから、そもそもこういった保健所のような施設が海外では存在しているのかどうかも国よっては違ってくると思います。日本の場合では地方公務員という立場になりますが、諸外国では、どのような立場になるのかも把握出来ているドクターは少ないことでしょう。

公衆衛生医の海外求人を探す以前に、まずは医療の保険制度が整っている国というのは、思ったよりも多くはないということです。例えば先進国の代表格であり、世界のリーダーとも言われているアメリカでも、医療制度には問題があるとされており、一度の診察に掛かる医療費が非常に高額になることでも知られています。

日本の場合には医療制度がしっかりとしており、国民が健康的に生活が出来るように法律などを定めるようにと憲法の中に明記されていますから、現在のような医療制度や地域保健の制度というものが確立しているという状況なのです。東南アジア諸国を始めとする発展途上国などでは、保健制度はもちろんですが、医療制度も確立されていないような状況になりますから、日本のような雇用体制での公衆衛生医師としての海外求人は存在しないと言って良いでしょう。

こういった諸国へと公衆衛生医師のキャリアや資格を活かして、海外転職をする方法は、国際機関にその籍を置くこと。他にも外務省が認めている国際協力機関に籍を置くこと。更に民間のNGO団体に籍を置くこと。そして最後に、民間の開発コンサルタント会社へと籍を置き、公衆衛生医師の分野で活躍するという方法が残されています。イギリスなどであれば、公衆衛生の制度がしっかりとしている国のため、日本以上の待遇面などで迎えることになるでしょう。

公衆衛生医師として海外転職を目指すのであれば、まずあなたが目指している国の公衆衛生がどのような状況になっているのかをまずは確認することが重要になってきます。その上で、どのような方法があるのかをリサーチしていきましょう。こういったものは海外転職を専門にしているエージェントや、医師転職に特化している転職エージェントなどに登録をして情報収集をするのが一番ですから、是非利用していきましょう。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.