公衆衛生医師の転職先は?

漢方医師求人TOP >> FAQ >> 公衆衛生医師の転職先は?

公衆衛生医師の転職先は?

公衆衛生医師の募集先としては、やはり保健所があげられるでしょう。保健所と一言で言っても都道府県型の保健所と政令市型の保健所とに分けることができ、それぞれに特徴というものを持っているものなのです。都道府県型の保健所の特徴としては、医療機関や医師会、他にも歯科医師会などとの調整を主に行なっていきます。これらの機関との関係を構築して、食品衛生の分野であったり、感染症などの業務を行なっていくという特徴を持っています。

医事についてはもちろん、薬事衛生の分野や精神病や難病指定されている病気に対しての対策などを行なっていきます。感染症や食中毒に対してや自然災害から起こる疾患などに関しても健康機器管理を行なっていくことが都道府県型の保健所の役割になるのです。こういったものに取り組むことによって、地域に住まう住民全体の健康レベルをアップさせることに努めていくのです。他にもより身近な母子保健や生活習慣業対策といった業務も行なっていくことになります。

政令市型の保健所の場合には、都道府県型が行なっている広域的な保健所の業務に加えて、乳幼児健診などの母子保健事業であったり、特定の年齢以上に薦められている特定健診や生活習慣病対策といったものをより深く携わっていく特徴を持っています。特にがん対策に対しての専門機関をしっかりと備えており、地域全体の健康づくりに対して推進していくことになるのです。

保健所以外にも、県庁や市役所といった場所で勤務をすることもあります。各分野ごとに企画調整といった業務をこなしていき、保健衛生に対しての計画などを立案していくことが、本庁などの行政機関の中枢で働く公衆衛生医師の役割になります。予算の獲得といったものや、条例の制定といった業務をも行なっていくことになり、医師の知識とスキル、経験というものを活かし、新しい地域医療の形や公衆衛生医療の形といったものを作っていくことになるのです。

このように公衆衛生医師の転職先というのは、保健所と本庁などが挙げられます。医療機関と比較した場合、絶対数こそ少なく思われますが、全国に目を向けると保健所だけでも相当数の数がありますから、求人がなく困るといったことにはまずならないでしょう。それぞれの公衆衛生医師の転職先の情報を把握したいのであれば、医療業界に特化している転職エージェントを利用して、現状をリサーチするのが一番の方法といえるでしょう。

公衆衛生の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2016 公衆衛生の医師募集ガイド All Rights Reserved.